哺乳瓶洗浄器 購入レビュー

赤ちゃん用の哺乳瓶や食器類の除菌、気になりますよね。

P_20190719_032936

 

哺乳瓶の除菌方法

哺乳瓶の除菌方法は、主に次の3つの方法があります。

  • 煮沸
  • レンジ
  • 消毒液

煮沸消毒殺菌

煮沸は、鍋に熱湯を沸かして、その中で哺乳瓶をグラグラと消毒する方法。

必要なものは鍋とトングくらいで、何か買い足す必要がないのがメリットです。
デメリットは、時間が掛かる、思った以上に水が必要ということ。

 

レンジ消毒殺菌

専用のケースに哺乳瓶とパーツ、水を入れ電子レンジで加熱することで、上記によるスチーム殺菌ができます。

手軽なので我が家はこちらを採用しています。

 

消毒液殺菌

専用の消毒液のなかに哺乳瓶を漬けておくことで殺菌消毒ができます。

消毒液は、消毒するたびに作り替える必要はなく、その日のうちなら何度でも利用可能です。

また、水ですすぐ必要もなく、手軽です。

 

レンジ消毒を選んだワケ

我が家では、なるべく自然に育児をしていきたかったので、最初は鍋で熱湯消毒をしていました。

ですが、生まれたての赤ちゃんを抱えて、これは大変すぎました。

消毒液を使った洗浄は最初からするつもりはなかったので、結局採用したのはレンジ消毒です。

消毒液を使いたくなかった理由は、
薬剤洗浄では、次亜塩素酸ナトリウムを使っていて
成分が漂白剤と同じだとか、いや漂白剤とは希釈濃度が違うだとか、
漂白剤は雑貨だけど哺乳瓶洗浄剤は医薬品だから無害だとか
いろいろ賛否両論ありますが、気になったのは「不自然である」というところでした。

では、電子レンジは不自然じゃないのか?と言われれば、もちろん不自然です。

電子レンジ加熱した食品などは、成分が変わって栄養価が壊れると言われています。

しかし、哺乳瓶は食品ではないので、便利さとのトレードオフです。

実際使ってみると、とても便利です。

洗った哺乳瓶とキャップ一杯分の水をこの箱に入れて、電子レンジで5分間加熱するだけです。

P_20190719_032956

哺乳瓶のときはもちろん、いまでもマグや水筒のパーツ煮沸に使っています。

 

除菌、いつまで続けたらいい?

一般的に、哺乳瓶の煮沸は、生後半年までと言われています。

生後6か月頃には、赤ちゃんの免疫力も強くなっていますしね。

我が家は、ちょうど6か月になるころが食中毒の時期でもあるので、1歳でやめようと思っていました。

半年を過ぎたら、あとはママの判断で終わっていいと思います。

 

おわりに

どの消毒方法を採用するかは、おうちの考え方と状況によって変わってくるものです。

完全ミルクのママが、ミルクタイムのたびに熱湯消毒とかは現実的ではありません。

外出時だけは消毒液を利用する、とかもアリだと思います。

ママとベビーに一番合った方法が幸せですよね。

ちなみに、我が家が使っているのは「コンビの除菌じょーず」です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

除菌じょ〜ずα コンビ Combi ベビーチェア・お食事グッズ 離乳食用品 調理用品
価格:2155円(税込、送料無料) (2019/7/19時点)

スポンサーリンク

楽天で購入

 

ちなみにこの除菌じょーずも、上の子のときに使っていたものを
処分してしまったので、下の子が生まれた時に再度同じものを購入しました。

プレーンなタイプの他に、ぷーさんが付いていたり、
ほっこりするような可愛いデザインのものもあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

除菌じょ〜ずα / くまのプーさん
価格:2700円(税込、送料別) (2019/7/19時点)

楽天で購入

 

デザイン分だけお値段が上がるので、わたしはプレーンで十分でした(笑