ベビー用石鹸は本当に必要?

ベビー用品売り場に行くと、たくさんの種類が並ぶベビー用石鹸ですが、
結論から言うと、わたしは、赤ちゃんの体を洗うのに石鹸は不要だと思っています。

第一子のとき、第二子のときの経験をもとに、赤ちゃん用の石けんが不要だと思う理由を書いていきますね。

3eadb504a17abb515e81075ed22a25ea_s

 

第一子のときは使っていました

第一子のときは、情報誌やネットに載っている
「新陳代謝の激しい赤ちゃんは、ベビー用の優しい石鹸を使って、常に肌をきれいに保ってあげましょう。」
という内容を読んで、素直に「肌に優しい」とい乳児用の石鹸を購入しました。

入浴時には優しく泡立てて、使っていました。

すると数か月後、乳児湿疹ができるようになります。

乳児湿疹は、生後2週~2か月頃に多く見られる湿疹で、なにも珍しいものではありません。

病院に連れて行くと、「保湿をしっかりしてあげてくださいね」と言われました。

先輩ママからも「乳児湿疹が出てきたら〇〇が効くからね」と有名ベビー用品の保湿ローションを勧められていました。

このときはまだ何も疑問に思わず、保湿に努め、ほどなく湿疹も引いていきました。

 

本当に石鹸は必要?

その後、いろいろ勉強するうちに、石鹸の必要性に疑問を持ち、
「ベビー石けんって必要なのかな?」という疑問がわくようになりました。

人間の皮脂なんて(特に赤ちゃん)、お湯で丁寧に流してあげれば十分なはず。

なのに、石けんで必要な皮脂まで落としておいて、湿疹ができると今度は保湿が必要だという

なんかおかしい…

 

第二子には石けんを使わずに

第二子には、石鹸は一切使っていません。

第一子の時とは違い、乳児湿疹も出ませんでした。冬に粉をふくような乾燥もしません。

『石けんを使わないから』が乳児湿疹が出ない理由なのかは、分かりませんし、
個人の体質かと言えばそうかもしれないですが、ベビーソープが不要だということはよく分かりました。

 

入浴時に石けんを使うとき

それでも、子育てに石鹸は一切不要と思っているわけではありません。

第一子である娘は、スイミングに通っています。

幼稚園のプールに入ることもあるし、民間のプールに遊びに行くこともあります。

塩素にまみれて帰ってくるので、このときはもちろん石鹸を使います。

使う石鹸は、シンプルな「シャボン玉石けん」。

材料には「石ケン素地」とあるだけのものです。

スポンサーリンク

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シャボン玉 浴用(100g*6コ入)【シャボン玉石けん】
価格:672円(税込、送料別) (2019/9/3時点)

楽天で購入

 

酸化防止剤・色素・香料などの化学物質を一切含まない純石けん分99%の無添加石けんです。

これで十分です。

 

おわりに

シャボン玉石けんは価格も安いので、「化学物質無添加の商品=高い」→「続けられない」なんてことはありません。

ご紹介したシャボン玉石けん以外にも、化学物質を使っていない石鹸はたくさんあります。

わたしと同じように、『もしかしたら石鹸は不要かもしれない」と思っている方がいらっしゃったら、ぜひ化学物質無添加のものを探してみてください。

材料に「石けん素地」とだけ記載があれば大丈夫です。