手作り味噌 コツ

今年の味噌を仕込みました。まずは3キロ。
これが大体4か月ぐらいでなくなります。

写真は、味噌の表面をならした後。
このあと、塩を大量に振りかけるのが一般的。


ですが、わたしが味噌づくりを習ったお料理教室では、カビ対策として、別のものを提案してくれました。

それが、こちらの酒粕!

スポンサーリンク

いたって普通の酒粕です。近所のスーパーでも売っています。
これを常温で少し柔らかくして、塩の代わりに表面に隙間なく敷き詰めていきます。

これで、来年の解禁時にはカビからお味噌が守られている!はずです(笑
ある程度、ですよ。
仕込んだ際の手菌の様子やその年の気候とかも関係するそうです。

注意点として、塩ではなく酒粕を塗った味噌は、必ず翌年解禁してください。と先生から言われています。
理由は、、、忘れました^^;

ちなみに私の去年仕込んだ味噌は、同じように酒粕を塗りましたが、結構カビていました。
その味噌の様子はこちらで書いています。
一昨年は、ほとんどカビなかったんですけどね。

写真を撮るのを忘れてしまったのが残念。
あと4キロ仕込むので、その時は忘れず写真を撮らなくては!!